銅山とベンガラで栄えた町並みが残る吹屋ふるさと村

永遠と続く山道を進むと突如現れる赤色の町並みは、映画「千と千尋の神隠し」を連想させる。

そんな吹屋の町が1年でもっとも盛り上がる時期がある。

9月の連休、シルバーウィークには吹屋の人口129人の10倍以上の観光客が押し寄せる。

彼等の目当ては三年前に誕生したイベント「吹屋ベンガラ灯り」である。

11905767_703160239817883_279574098521379959_n

吹屋ベンガラ灯りは吹屋の町並みにベンガラ焼の灯篭を設置し

吹屋の町並みを唄った民謡「吹屋小唄」に合わせて、ベンガラ染めの衣装を身にまとった男女が踊る

とても幻想的な催しです。

夜の吹屋はとても静かで、幻想的な雰囲気

夜の吹屋はとても静かで幻想的な雰囲気 写真 川西基隆氏

地域住民が中心となって手づくりで始めたイベント。

知名度も全国的に広がっており、東の越中おわら風の盆、西の吹屋小唄と呼ばれる事を目指して頑張っています。

今年で4回目を迎える吹屋ベンガラ灯りの楽しみ方を紹介

 

①全て模様が違う灯籠(とうろう)を観察しよう

町並みに並べられた200個の灯籠は、なんとひとつひとつが手づくり!模様も様々で、夜の町並みに照らされる灯りはとても幻想的。

6時からの点灯式では先着で灯籠に着火できるので、お気に入りの灯籠に点火してみよう。

ベンガラ焼きの灯籠は暗くなるにつれ、輝きが増してくる。

ベンガラ焼きの灯籠は暗くなるにつれ、輝きが増してくる。 写真 川西基隆氏

 

②ベンガラ染めの衣装に注目

地域のベンガラ染めの会が手染めしている衣装。

草木染めと違い、鉱物のベンガラを布に定着させるには力強く揉み込む必要があり、大きな衣装を染めるのは重労働。

地域のオバチャン達が愛情込めて作った衣装も灯籠と同じく、個性が出ています。

灯籠の灯りに照らされた衣装も見どころのひとつです。

ベンガラの液を布に揉み込み染め上げる

ベンガラの液を布に揉み込み染め上げる

手染め、天日干しで染め上げる とても手間がかかっている

手染め、天日干しで染め上げる とても手間がかかっている

 

③歌 踊り 男女の絡みを楽しもう

ベンガラ灯りのメインは、なんといっても吹屋小唄の唄とそれに合わせた踊り

吹屋小唄は地元出身の歌手「水野由美さん」が吹屋の町並みを歌っています。

♪吹屋灯籠ほのあかり ベンガラ色のまちのなみ~

そして、その唄に合わせて、男女の踊り子がゆったりと舞います。

踊り子は地元住民達でみんな素人から練習を重ねて、今では様々なところからオファーがくるまでに。

東京、大阪などでPR活動を行っていたメンバー。この吹屋ベンガラ灯りの2日間に全力を注ぐ。

女性は衣装、男性は帯をベンガラで染めている

吹屋の雰囲気に合わせたゆったりとした踊り 写真 川西基隆氏

男性は力強く、女性はしなやかに

男性は力強く、女性はしなやかに 写真 川西基隆氏

youtubeで踊り方講座が学べる 吹屋小唄 踊り方

④普段は見れない、夜の吹屋を体感しよう

吹屋ベンガラ灯りに合わせて、普段は開いていないお店や小学校がライトアップされています。

夜の活気がある吹屋を感じられるのはこの時だけです。町並みをゆっくり散策してみてはいかがでしょう?

オーガニック食堂金子や  写真 川西基隆氏

オーガニック食堂金子や  写真 川西基隆氏

小阪家離れ 写真 川西基隆氏

小阪家離れ 写真 川西基隆氏

水面に写る小学校も見どころ

水面に写る小学校も見どころのひとつ 写真 草村秀次氏

 

吹屋の町を全国に広めたいとの思いで始まったこのイベント

今年もすでに練習がはじまっており、本番に向けてラストスパート。

本番をお楽しみに!!

uid000001_201508201616099419a77d

 

19日(土)

17:30     開会式

18:00~21:00 ベンガラ灯り点灯

18:00     吹屋小唄踊り(1回目)

19:00     備中松山踊り 仕組踊り

20:00     吹屋小唄踊り(2回目)

20日(日)

18:00~21:00 ベンガラ灯り点灯

18:00     吹屋小唄踊り(1回目)

19:00     定置演舞

20:00     吹屋小唄踊り(2回目)

出店

・インディアントマト焼そば(高梁ご当地グルメ)

・牛串

・ベンガラくんみたらし団子

・こんにゃくたこ焼(高梁ご当地グルメ)

駐車場は下町駐車場と千枚駐車場がございます。吹屋ベンガラ灯り協力金として、普通車500円、バス1,000円をお願いしています。

なお、17:00~21:30まで、吹屋の町並みは車での通り抜けができません。