仕事場でカニの話になった

私「高梁ってあんまり美味しい魚手に入らないですよね-スーパーもパッとしないし・・・」

先輩「魚は魚屋さんで買うと新鮮だよ!!まぁ一番は海に行くのがいいけどね」

私「じゃあ境港にカニでも食べに行きましょうよ!!」

先輩「カニなら高梁でも美味しいのが食べられるよ」

私「マジすか!!ウソでしょ」

先輩「ちょうど今が旬だから魚屋さんに行ってみ」

IMG_5100

雨の中魚屋を目指す

ということで、高梁で愛されているカニを探して、魚屋に行くと・・・

IMG_5092

川がに有ります

ん?「川ガニ」?この時期はズワイガニとかじゃないのか・・・まぁいいや

私「すいません 川ガニいますか?」

故障して開かないシャッターの横からクマの様なおじさんが出てきた

親父「アイよ!茹でと生どっちが良い?」

私「選択制なのか・・・食べやすいのは茹でだが、話題的には・・・」

私「生ください!!」

親父「アイよ!!何匹いる?」

私「とっとりあえず一匹で・・・すいません」

IMG_5098

色々な魚がいるが、カニはいない・・・

何故か、魚屋や肉屋にいくと緊張してしまいかしこまってしまい、買う立場なのに無駄に謝ってしまう。

親父につれられ、魚屋の横につれていかれた・・・

ウサギでもいるのかな

ウサギでもいるのかな

置いてあるウサギのケージみたいなものを覗いてみると

いた!!これが川ガニ ワサワサ入っていて、上から水が掛けられている。

正式名称は「モクズガニ」あの高級食材上海ガニの親戚でもある。

ワサワサ入っている

ワサワサ入っている

私:これどうやって食べるんですか?

親父:水から茹でて食べるのが良いよ!塩入れるのが好きな人もいるし、入れないのが好きな人もいる」

私:身を食べるんですか?ダシが美味いんですか?

親父:身をほじくって食べるんが最高だ!!まぁ10月頃だったらもっと大っきくて卵を持ったカニが入るんだけどな

私:おっちゃんはどうやって食べてるんですか?

親父:ワシ?ワシはサワガニ派や!!唐揚げが最高に美味いぞ!!

IMG_5097

逃げないように鍵をかける

なんとオッサンは川ガニ派ではなく、サワガニ派であった。でかいナリして食べてるカニは小さかったのには驚いた。

しかし、想像すると大きな体で、ちまちまカニの身をほぐしているより、サワガニをバリボリ食べている方が似合っている。

そんなことを思いながら400円という良心的な価格で一匹購入し、帰宅する。

IMG_5104

カニ界のフレディマーキュリー もじゃもじゃである

さて、無事に連れて帰ってきたので、取り敢えず鍋に水を入れてカニを入れてみた

水を飲みだした。のどが渇いていたのかな

水を飲みだした。のどが渇いていたのかな

背中にスマイルマークを確認 可愛い!!

背中にスマイルマークを確認 可愛い!!

食べようと思って買って帰ってきたが、なんか感情移入してしまった。

こんなことなら茹で蟹を買ってきたら良かった。。。

昔やっていた 世にも奇妙な物語の話を思い出した。

夕食のために生きた蟹を購入する二人の主婦。

ゆかり(岡田奈々)の家庭では、「生きているのにかわいそうだ」と息子が泣きながら抗議する。
ゆかりはその言い分をもっともだと思い、次の日、海に返しに行こうと約束して食べるのをやめる。

ゆかりと共に蟹を買ったもう一方の家では、美味しく蟹を調理して食べていた。

その夜、蟹を食べた夫婦の元に泥棒が入り、二人は犯人に蟹のハサミで刺し殺される。

一方、ゆかりの家ではボヤが起こるが、蟹達が吹き出した大量の泡によって消火され、大事には至らなかった。

海。砂浜に放たれる蟹達。
見送るゆかり一家。

私はカニを逃がすことにした。

このカニを食べるのには少し経験値がいるようだ。

もといた高梁川に・・・

もといた高梁川に・・・

もし、このブログを読んで食べようと思う方がいれば

まずは茹で蟹をオススメします。

IMG_5045

後日、茹で蟹を食べた

IMG_5041

鍋に入っていた