「田舎暮らしって便利なの?不便なの」「買い物はどうするの?」そんな質問を都会に住んでいる友達から受けたりする。

そんな時は「そこまで不便ではないよポルカとイズミで大体揃うしね」答える。

市の境付近に住んでいる人は近隣のスーパーに買い物に行く場合もあす。

■ポルカとイズミで大体揃う

高梁市民ならご存知、ポルカとイズミ。他の地域から来たら「なにそれ???」なのですが、ポルカは天満屋、イズミはユメタウンです。高梁市民はポルカとイズミで通じます。もし、通じなければ高梁市民でない可能性があります。大体の物はココに来ると揃うので、買い物の不便は無いです。100均やゲームセンターもあります。

ポルカは11月のリニューアルオープンに向けて改装中

ポルカは11月のリニューアルオープンに向けて改装中

■選り好みしなければ地域のスーパー

地域のスーパー馬鹿に出来ません。鮮魚や精肉は大型スーパーに匹敵、もしくはそれ以上のところもあります。こうしたスーパーのテナントにはプロの魚屋さんや肉屋さんが入っている場合があり、独自のルートで仕入れを行い時に驚きの価格や幻の魚が入荷している事があります。

成羽の中心にあるパーク

成羽町にあるパーク

■野菜買うなら直売所

地元で作られた新鮮な野菜が低価格で買える直売所。高梁市でも直売所はたくさんあり、旬の味覚をいち早く味わうことが出来ます。

野菜を安く買うならココ

野菜を安く買うなら直売所

■あっ!!これがない!!今すぐ欲しいは地元商店

天婦羅するのに油がない!!お好み焼き作ったけどソースがない!!そんな時に便利なのは地元の商店。品揃えは最低限だが、ココぞという時に助けられます。

ただし、不定期営業で閉店時間も早いのが難点。大体5時位には閉まっています。一見さんは入りにくい商店もあるが、勇気を出して入ってみると子どもの頃に使っていた掘り出し物が見つかるかもしれない。

吹屋の醤油屋さんでは醤油・味噌・酒などが手に入る

吹屋の醤油屋さんでは醤油・味噌・酒などが手に入る

■足がない、重い物を運びたくなければ移動販売

なかなか買い物に出ることの出来ない高齢者の買い物支援として、最近注目されてきた移動販売。古くはcoopの移動販売が有名、最近では地元のスーパーが移動販売に参入するなど、お客様に来てもらう時代から、商品を持っていく時代に切り替わってきた。牛乳やトイレットペーパー等大きく重い商品は持ってきてもらえると非常にありがたい。

近くまで来てくれるので便利

近くまで来てくれるので便利

■イオン、郊外大型スーパーで楽しいショッピングを

なんだかんだ言っても買い物を楽しみたい!ユニクロの服がほしい、色んな商品の中から選びたい。そんなフラストレーションは週末に大型スーパーに行って解消しましょう。高梁から片道1時間でイオンやフジグランなどの大型モールが出迎えてくれます。映画やゲーム、ショッピングなど週末は家族連れを中心に賑わい、とても楽しい雰囲気。

買い物は楽しい

買い物は楽しい

 

■付近にないものはネットで注文、あとは寝て待つ。

便利な時代になりました

便利な時代になりました

 

移動も出来なくて、ネットも使えないといった人にとっては田舎暮らしは少し不便なのかもしれません。

不便な中でも知恵を出して、自分で野菜を作ったり、物々交換をしたり、物を大事に使ったりと田舎のひとはパワフルです。物にあふれる生活よりも、不便だけど、楽しいのが田舎暮らしの良さなのかもしれません。便利なものが近くにあると無駄遣いにも繋がりますしね。