三連休を利用して四国に行ってきた。
視察である。観光旅行ではないし温泉にも入っていない。でも高知で鰹は食べた。おいしかった。
ところでこのスペースで高梁のことでなく四国について記載するというのはどうなの?と思う向きもないではないが、そこはそれ、他地域を見て回ることでこれまで見えなかった高梁の一面が見えてくるかもしれないし、まあたまにはそういうのもいいんじゃないかなあ、ということで筆を執った、もといキーボードの前に座った次第である。

 
我々がまず向かったのは愛媛の「さいさいきて屋」。JAが運営する、直売所と喫茶店、食堂等が一緒になった直売所である。
高梁の直売所と決定的に違うのは魚介がとても多い。ただ、ここは各地の地形的条件とかいろいろあるのでまあそんなもんかなくらいの感想でとどめておく。野菜も安い。高梁と同じくらいか。

 

野菜もかなり多い

野菜もかなり多い

さいさいきて さかな

出た!!魚!!

 

【さいさいきて屋ホームページ】

http://www.ja-ochiima.or.jp/saisai/

 

それで次に、鯛飯を食べてから、同じく愛媛県内子の道の駅からりに向かった。ここも野菜その他が安い。気になったのはもち麦うどん。もち麦といえば筆者が暮らす宇治の新特産品。利用方法について地域を挙げて考えている矢先、もち麦を使ったうどんなら見過ごせぬ。お土産にした。他にも、もち麦を生地に使った大判焼き等、六次化をいろいろ進めている。あと、ジェラートがおいしいんだとか。

 

もち麦の大判焼きなども売っている。

もち麦の大判焼きなども売っている。

【内子 フレッシュパークからり ホームページ】

http://www.karari.jp/
それで初日の目玉は、三度 愛媛県 津島町の福田百貨店。
ここは、かつて「田舎の何でも屋」として営業していたものの、約20年前に閉店し空き家となっていたお店を復活開店させたお店。
で、福田「百貨店」というくらいだからそれなりに品揃えも豊富なのだろうと思って覗いてみるとこれがめちゃくちゃ豊富である。雑貨から食料品までいろいろある。ただ、ご主人の(なんとおばあちゃんの実家が高梁市内だとか)「本当に良い物を取り扱いたい」という思いから、どれもこれもただの寄せ集めという感じではなく、地元の果物、手作り豆腐、輸入ものの無農薬有機栽培コーヒーなど、一筋縄ではいかない商品ばかり。
ちなみにこのお店、ただものを販売するだけでなく中でコーヒー、甘酒、酵素ジュースといった飲料を注文、楽しむこともできる。席はこの季節に嬉しいこたつである。

 

雰囲気のある店構え

雰囲気のある店構え

 

取材中、有機無農薬のキウイを作っている地元のおじさんも納品に来た。キウイは購入してみたが、おいしい。だんぜん甘い。

地元の手作り豆腐などもおいしそうだが、残念ながら売り切れだった。

 

初めて見る物たくさん

初めて見る物たくさん

 

高梁市内にも同じような旧雑貨屋さん跡地などはたくさんありそう。そういうところを利用してみたいという方、一度遊びに行かれては如何だろうか。

 

【福田百貨店 ホームページ】

http://fukuda100.com/
さて、はや紙幅も尽きた。四国視察は二日間に渡り、二日目にこそ我々が四国までわざわざ自家用車で出向いた最も大きな目的があるのだが、そちらについては次回以降の記事にて紹介したい。紹介しないかもしれない。