秋の気持ちいい季節になりましたね。高梁市も気持ちいい秋風が吹き抜けています。

過ごしやすい季節、高梁に足を運んでみませんか?

日頃のストレスが吹き飛ぶ気持ちいい場所を紹介します(^^)

1.備中松山城展望台(高梁市)

高梁を代表する絶景ポイント

雲海が発生する時期は、9月下旬~4月上旬の明け方から午前8時頃。特に10月下旬~12月上旬の早朝には濃い朝霧が期待できます。

雲海に浮かんだ備中松山城の姿は幻想的で、だれもが写真に撮りたいと思うおすすめスポットです。

数年前までは知る人ぞ知る、備中松山城と雲海が見れる穴場だった展望台。
バンキシャをはじめ、数多くのテレビ番組で取り上げられてからは、多くのカメラマンが押し寄せるメジャースポットになりました。
冬は凍結に注意。あとサルが時々出るので気をつけてね。

備中松山城 展望台 高梁市松山字楢井方面

2.霧の海展望の丘(松原町)

まさに雲の海

まさに雲の海

高梁一のパノラマの雲海が眺められる絶景ポイント。見物客も少ないので、絶景を独り占めできる。
天気が良ければ朝日に染まるパノラマ雲海に出会えます。
日中も美しい山並みを見ることが出来、週末は併設されている直売所で地元の野菜などを買うことが出来ます。
イベントでは地元産のそば粉で作ったソバが食べられます。この景色を見ながらソバが食べられるなんて贅沢。

霧の海展望の丘 岡山県高梁市松原町松岡

3.弥高山公園(川上町)

朝日に照らされる雲海は神秘的

朝日に照らされる雲海は神秘的 写真 高梁の生っぽい情報

こちらもパノラマ雲海が見られる絶景の場所。雲海は見る場所によって表情が全く違い、弥高山からの雲海は異空間を思わせる雰囲気です。
弥高山公園ではツツジや紅葉も有名で、子供が遊べる遊具も整備されています。

弥高山公園 高梁市川上町高山4301-1

4.夫婦岩(成羽町)

岩と絶景のコラボレーション

岩と絶景のコラボレーション

高さ18mと16mの2つの巨石から成る夫婦岩。
その巨石の大きさにも圧倒されるが、そこから眺める眺望は高梁で1位を誇る高低差、高所恐怖症の方は注意が必要。
眼下に流れる成羽川と雄大な自然は、アナタをストレス社会から遠ざけてくれる。

夫婦岩 高梁市成羽町布寄

5.常山公園(有漢町)

石の風車を眺めながらのんびりする贅沢

石の風車を眺めながらのんびりする贅沢

7つの石の風ぐるまが並ぶ広大な芝生が広がる常山公園。
ピクニックや芝生に寝転がったり、のんびり過ごすにはもってこい。
1日何もせず、ゴロゴロする大人の夢が叶う場所です。

うかん常山公園 岡山県高梁市有漢町有漢4882-1

6.備中松山城の登山道(高梁市)

山道を登り切ると現れるお城も絶景

山道を登り切ると現れるお城も絶景

天空の山城「備中松山城」その天空の道はとても過酷な山道。
現代社会で考えられない登頂のまでの道のり。
名古屋城はエレベーターが付いているのに、備中松山城は徒歩で30分の山登り。
ヘトヘトになった8合目付近で見えてくる高梁市内の景色はこれまでの疲れを吹き飛ばしてくれる。
さあ、お城はあと少し!頑張ろう。

備中松山城のアクセス 岡山県高梁市内山下1

7.たかうね桜の森公園(宇治町)

春は桜、秋は渡り鳥の観察が楽しめる

春が名所と思われがちのたかうね桜の森公園。春の2000本の桜が開花する季節も超オススメですが、
秋はなんと「タカの渡り」が見られる場所なのです。ワシ・タカは渡り鳥。春には東南アジアから飛来し、秋には日本で子育てを終え親子で南へ渡っていきます。
たかうね桜の森公園上空は、鷲や鷹の渡りのコースになっていて、ちょうど春と秋の彼岸の前後にその姿を観察することができます。
タカとかワシなんて図鑑の中の世界だと思ってましたが、生で見られる高梁唯一の場所です。

たかうね桜の森公園の紹介・アクセス 高梁市宇治町本郷242

8.吹屋の町並みが望める秘密の場所

吹屋の町並みを象徴する一枚

吹屋の町並みを象徴する一枚

吹屋のパンフレットに載っている、町並みを見渡せる場所。
カメラマンがあの写真はどうやって撮るんだ?空撮か?とよく聞かれるアングルで撮られている。
この場所は吹屋連絡所(公民館)の屋上から見ることが出来る景色で、錆びたハシゴを登らないと見ることが出来ない。
安全性の問題で現在は登ることが出来ないが、将来的に整備され展望台になるかもしれません。

吹屋ふるさと村 岡山県高梁市成羽町吹屋838-2

以上、高梁の絶景7選でした。
この絶景に紅葉や雲海が加わり、更にパワーアップすることが予想されます。
ピオーネ・栗・松茸、秋の味覚狩りに合わせて高梁にお立ち寄り下さい☆